伊丹展示場「ザ・グランデーゼ」ブログ

◆買う前に知っておこう。土地購入の失敗例を学ぶ|終了

※セミナーの受講は【完全予約制】です。
 最後に表示されるカレンダー内の〇印または△印をクリックし、
 必要事項をご入力の上、お申し込みください。


意外と多い。土地の購入に「失敗した」と思っている方

一生で一度の買い物になるかもしれないマイホーム。
何千万もする買い物だというのに「『失敗した!』なんていう人いるの?」と
不思議に思うかもしれませんが、意外と多いのが「土地購入の失敗」です。

初めてマイホームが欲しいと思った人は、まずどこに建てるかを考えますね。
そして土地はどうやって買うのかを調べるでしょうね。

例えば結婚する時に不動産会社やインターネットで新居を探した人なら、
直接不動産会社に行って相談したりもするかもしれません。
結果、勧められるがままに買ってしまったという人もいます。

どちらにしても、初めて土地を買う場合、ほとんどの方が「買い方」や「選び方」が
わからないのではないでしょうか。

強いては「土地の見方」もわからないのに、何千万円もするものを買って良いはずがありません。

どういう失敗例があるの?

「失敗した」と思っている人の原因で多いのは
土地を買ったあと、家のプランをしたら予算をオーバーしてしまい、
建物の予算を切り詰めなくてはならなくなるケースです。

つまり、これで家が建てられる!と喜んだのもつかの間。
家の設計を始めたら、土留めの擁壁(ようへき)が必要で
1,000万円近いお金が掛かるとか、

既存の石積みやブロック塀が古くてやり替えなければ許可が下りないとか、
地盤を調べてもらったら軟弱だとわかり、
基礎工事に予想外のお金が要ることになったとか、

雨が降ったあと買った土地を見に行ったら、排水に問題があることがわかった等々、
欲しい場所で見つけた折角の土地なのに、
『土地にこんなにお金がかかるとは思っていなかった』というケースです。

また、土地にかかる費用と建物費用の配分を計画しないまま土地を決めてしまう人も
意外と多いのです。

その結果、建物の床面積を減らすことになったり、
家に使う材料のランクを下げなくてはならなくなるなど、
マイホームの夢が少ししぼむようなことになってしまいます。

事前にいくつかの失敗例や土地の見方、総予算の捉え方を勉強する

上記のような土地購入の失敗例は、誰しもが同じ失敗をするリスクがあります。

ですから事前に失敗例を知っておくことが重要というわけです。

そこで今回は、いくつかの失敗例を紹介し、
「こんな土地は予想外のお金がかかりますよ」という話をしながら
土地の購入に必要な税金や諸経費に関する話もいたします。

三和建設 伊丹展示場のセミナーは、お茶をしながら和気あいあいと

伊丹展示場でのセミナーはいつも少人数制で、
和気あいあいとした雰囲気でやっています。
小さなお子様がご一緒でも大丈夫。
面倒見の良いお姉さん(?)が居ますのでご安心ください。

ですから、ぜひ、気軽な気持ちで参加してみてくださいね。

◆開催日:7月21日(土)・28日(土)・29日(日)
◆時間 :午前の部 10:30~12:30
     午後の部 14:00~16:00
◆開催場所:三和建設 伊丹展示場(ABCハウジング伊丹・昆陽の里住宅公園内)

◆お申し込み方法:下欄カレンダー内の〇印をクリック後、切り替わった画面で
         ご希望日時の予約欄にある〇印を再度クリックしてください。
         次の画面でご予約人数とご連絡先をご入力いただき、最後の
         【予約確認】ボタンを押していただきますとご予約完了です。

◆ご予約後のキャンセルについて:ご都合が悪くなりキャンセルされたい場合は
                恐れ入りますが、0120-163-404 までお電話を
                ください。よろしくお願いいたします。
                  

2018年12月
           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         
2018年11月

どのようなことでも、お気軽にお問い合わせください TEL 0120-163-404 10:00-18:00【水・木、年末年始を除く】

PAGETOP