こんにちは!三和建設 伊丹展示場 パッシブデザインの【ザ・グランデーゼ】です。

 

私ども株式会社 三和建設は平成28年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)」ZEHビルダーに登録されました。

 

2030年未来の標準化住宅【ZEH・ゼッチ】に向けての取組み

 

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス【ZEH・ゼッチ】とは

ZEHについて「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとなることを目指した住宅」と定義しています。

 

○省エネと創エネを組み合わせてエネルギー消費量をゼロにする家。

 

○暮らしに使うエネルギーをプラスマイナスゼロにする。

 

これが【ZEH・ゼッチ】のしくみです。

 

自然エネルギー(太陽光、風、地熱)の活用・調整や断熱性能を強化(省エネ①)とエネルギー効率の高い設備機器(省エネ②)で省エネを進め、使用するエネルギーの全体の量を小さくします。さらに家でエネルギーを創り出し(創エネ③)、小さくなった使用エネルギー分を補うことで、エネルギーの収支をプラスマイナスゼロにする。これがZEHの基本的なしくみです。

 

20160604_1

 

 

 

 

 

 

 

 

【ZEH・ゼッチ】の普及に向け国によるロードマップづくり法整備が進められています

 

地球規模でのエネルギー問題に直面した現在、世界的にZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の実現は避けて通れないテーマです。日本でもZEHの建設促進に向け、国によるロードマップの策定や法整備が進められており、2030 年には新たに建てられる全ての住宅の過半数がZEHなることを目指しています。

 

経済産業省は2016年4月に「平成28年度ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」「ZEHビルダー公募」を開始しました。ZEHの普及計画を策定し、実際に取り組んでいる事業者を「ZEHビルダー」として登録する制度を設け、その事業者が行う建設のみが補助事業の対象となり、ZEHビルダーの役割が明確化されました。これで本格的に2020年に向けてZEHの普及元年として取り組みが開始されました。

 

私ども三和建設は平成24年度から平成27年度の間、国のZEH補助事業に参加し設計施工実績を積み重ねました。引き続き平成28年度のZEHビルダー登録及び補助事業にも積極的に取り組んで参ります。

 

20160604_2

 

 

 

 

 

 

【ZEH・ゼッチ】は4つの要件を満たすことが必要です。

エネルギー収支がゼロになれば、全てがZEHという訳ではありません。国によって基準が定められ、次の4 つの要件をすべて満たした家をZEHということができます。

 

① 強化外皮基準(断熱性能強化)【6 地域/兵庫県UA 値≦0.6W/㎡ K】

② 基準一次エネルギー消費量を20%以上削減(平成25 年省エネ基準より20%削減)

③ 再生可能エネルギー導入による創エネ(太陽光発電等の導入)

④ ①~③により、基準一次エネルギー消費量から100%削減

 

① 強化外皮基準(断熱性能強化)

ZEH要件の中でも特に注目されるのが「強化外皮基準」です。地域ごとに外皮性能(断熱性能)基準を設定していますが、省エネ基準より高い水準の性能が要求されます。つまり、省エネ基準よりワンランク上の外皮性能を達成しなければZEHとはいえないのです。(平成25 年省エネ基準の約1.5 倍の断熱性能を確保する必要があります。)

20160604_3

 

 

 

 

 

 

※UA 値は数字が小さいほど、冬場の熱の損失するエネルギーが小さいので性能が高いことを示します。

 

 

 

20160604_4

 

 

 

 

 

 

 

 

20160604_5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

② 一次エネルギー消費量を20%以上削減

5 つの一次エネルギー消費量(・暖房設備一次エネルギー・冷房設備一次エネルギー・換気設備一次エネルギー・給湯設備一次エネルギー・照明設備一次エネルギー)の合計を平成25年省エネ基準より20%削減できることが要件となります。

※一次エネルギーとは石炭、石油、天然ガス、地熱など自然界に存在するものから得られるエネルギーのことをいいます。一次エネルギーなどを加工されてつくられる電気などは、二次エネルギーといわれます。

 

 

三和建設のネット・ゼロ・エネルギー・ハウス【ZEH】について

ザ・グランデーゼ 「パッシブデザイン」「Q1.0 住宅」の基本性能(断熱基準、エネルギー削減量)はZEH基準を十分に満たしており、再生可能エネルギー(太陽光発電システム等)を導入することでZEH(パッシブZEH,Q1.0ZEH)が実現化します。

※ザ・グランデーゼ 「パッシブデザイン」のZEHを「パッシブZEH」と称します。

※ザ・グランデーゼ 「Q1.0 住宅」のZEHを「Q1.0ZEH」と称します。

 

専任の技術者が1棟1棟の敷地条件や建物プランより最適なZEH設計シミュレーションを行うことで省エネルギーに寄与した高い質の室内空間をご提案させていただきます。

 

ZEH 普及目標 (新築注文住宅のZEH 率)

平成28 年度(2016 年) 10%

平成29 年度(2017 年) 10%

平成30 年度(2018 年) 15%

平成31 年度(2019 年) 20%

平成32 年度(2020 年) 50%

※ZEH ビルダーは自社のZEH 普及目標の公表が義務付けられており2020 年までの普及率を公表致します

 

 

パッシブデザインモデル住宅での【ZEH・ゼッチ】試算

パッシブデザインモデル住宅 2 階建て 延床面積 36.35 ㎡

 

20160604_6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20160604_7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エネルギー削減率は113%のプラス収支となり、補助金125万円の交付が受けられます。是非にこの機会にネットゼロエネルギーハウスをご検討ください。

詳細は下記のバナーよりお問い合わせください。

 

20160130_siryo

 

 

 

20151223

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザ・グランデーゼ「設計手法=パッシブデザイン」「構法=SE構法」「性能=W断熱Q1住宅」「快適性=光冷暖房システム」是非一度ご見学・ご体験にご来場下さい。

宝塚、伊丹、西宮、川西、尼崎、豊中、神戸をはじめ阪神間で施工しています。上記地区以外もお問い合わせください。