兼好法師様。夏は涼しく、冬も暖かい、100年暮らせる省エネ・創エネの住まい、「ザ・グランデーゼ」の誕生です。「ザ・グランデーゼ」は、冬暖かく、夏も涼しい進化型、超省エネルギーの高断熱住宅。私たちは「ゼロエネルギーを超える」住まいを目指します。

※兼好法師・・・鎌倉時代末期から南北朝時代(1283年~1352年頃)にかけての官人・遁世者・歌人・随筆家。日本三大随筆の一つとされる「徒然草」の作者。
「徒然草」第五十五段「家の作りやうは、夏をむねとすべし。」では、日本の住まいの作り方をテーマにしています。

「ザ・グランデーゼ」は、ゼロエネルギー住宅 ゼロエネルギー住宅とは、使うエネルギーをゼロにする住宅ではなく、使うエネルギーを減らし、使った分のエネルギーを創り出す、エネルギーを自給自足できる住まいです。
<「ザ・グランデーゼ」の、ゼロエネルギー住宅を実現するために>

copyright©Sanwakensetsu All Rights Reserved.