ゼロエネルギー住宅の実現3/室内空気質バランスの最適化 「ザ・グランデーゼ」はゼロエネルギー住宅であり、室内空気質(Indoor Air Quality)にこだわる健康住宅です。

「断熱」・「気密」・「換気」・「冷暖房」の4要素をバランス良く備えることが、心地よい室内環境をつくり出す必須条件です。
冷暖房は風から「光」へ。音もない、風もない、エアコンもいらない、特許システム「光冷暖」システム採用。

「ザ・グランデーゼ」は健康にも配慮した、ゼロエネルギー住宅です。

さらに空気の質まで改善

さらに空気の質まで改善

給気と排気をセットで確実にコントロールすることが換気の重要なポイントです。特に外の汚れた空気が室内へ侵入するのを防ぐには、給気が重要となります。そのままでは外気と一緒に大気汚染物質も入りこむ可能性があります。「ザ・グランデーゼ」では、PM2.5などの大気汚染物質にも対応の、微小粒子用フィルター搭載 換気機器「エアテクト」を採用しています。
近年、健康意識の高まりとともに、室内の快適環境への関心が高まっています。さらに、社会問題ともなっているPM2.5などの大気汚染物質が引き起こす健康被害も懸念されています。「エアテクト」は、給気側に微小粒子用フィルターを搭載し、大気中の微小粒子状物質が換気により室内へ侵入するのを抑えます。

※PM2.5 とは、粒径2.5μm(マイクロメートル)以下の、人の髪の毛の断面やスギ花粉よりも非常に小さな粒子のことをいいます。
主な成分として、炭素、硝酸塩、硫酸塩、金属を主な成分とする様々な物質の混合物です。

copyright©Sanwakensetsu All Rights Reserved.