夏の日差しはさえぎれ!

光をコントロールする! パッシブデザインで涼しく

夏に家の中が暑くなりエアコンの効きが悪くなる原因は、建物に当たった日射熱が建物の中に入ることです。 その中でも窓から入ってくる日射熱がとても多く、これを遮ることが“夏涼しく”の実現に不可欠です。

図解

夏の期間は建物に入る日射を上手に遮ることで、太陽からの熱を抑制し、冷房エネルギーの削減と快適性を向上させます。

<日射を遮るための、パッシブデザイン>

  • 遮熱にすぐれたLow-Eガラス(日射遮へい型)を東・北・西面の窓に設置
  • 陽当たりをコンピューターでシミュレーションして軒・庇を設計
  • 窓の外にブラインド、シェード、スダレを採用する
  • 落葉樹を植えて日射を遮り、庭には芝生を敷いて照り返し防止

パッシブデザインの元祖? 桂離宮

代表的な日本建築の桂離宮松琴亭。その庇は深く、夏の日差しを室内にいれない工夫がこらされています。 その日本の気候風土に最も適した家づくりの知恵と工夫は、パッシブデザインの先駆けかもしれませんね。

copyright©Sanwakensetsu All Rights Reserved.