健康を手に入れる家!

冬が危ない! ヒートショックを防げ!

image

2006年の例

急激な温度差は人の体にとって大きな負担となり、
心臓発作や脳卒中を引き起こす「ヒートショック」の
危険にさらされます。
冬は浴室の気温とお湯の温度差が大きいことや、
廊下に出るとさらに温度差があり
「ヒートショック」の大きな要因であること、
また夜中に目が覚めてトイレなどに行こうとして
亡くなってしまうケースも後を絶ちません。
ヒートショックに関連する死亡者数は、
交通事故で亡くなる方の2倍に及ぶとも言われています。
住宅を断熱することは、室内の温熱環境の改善による快適性の向上だけでなく、
ヒートショックの防止にも役立ちます。

家の中の温度差が危険!

入浴中の死亡者数
冬の死亡率が高いのは病気だけではなく事故も同じで、11月から2月頃にかけて 亡くなる人が増加します。なかでも注目すべきは、溺死、転倒、窒息などの 夏と冬の入浴条件の違い 家庭内事故で亡くなる人の割合が、夏場に比べてはっきりと高くなるということです。 家庭内事故の死亡者数の総計は、交通事故による年間死亡者数約7,000人の 2倍である年間14,000人。 つまり、冬の家庭内事故は 交通事故よりはるかにリスクが 高いのです。
パッシブデザイン住宅の冬の温度例(居室間けつ暖房の場合)

一般的な住宅の場合、冬場、暖房の効いた部屋と冷えたままの廊下やバス、トイレとの温度差は9℃ほどにもなります。また、深夜や早朝などには、布団の中の温度と室温との差が20℃近くにもなり、布団から抜け出るのがつらくなります。急激な温度差は人の体にとって大きな負担となり、心臓発作や脳卒中を引き起こす「ヒートショック」の危険にさらされます。夜中に目が覚めてトイレなどに行こうとして亡くなってしまうケースは後を絶ちません。こうしたヒートショックを防ぐためにも室内の暖かさを保つことが大切なのです。

このような温度差を解決するのに、最も有効な手段が、住宅の高断熱高気密化です。
パッシブデザイン住宅ならリビングと廊下、洗面室、トイレなど温度差を5℃以内にすることが可能で
冬季のヒートショックの危険性を減らすことができます。

断熱性能の高い家ほど健康改善率が高い

高断熱が健康を守る

image

住み替え後の断熱性が高いほど、健康改善率が増加しています。特に注目すべきなのは、断熱性能G4よりもG5の方が、改善程度がより大きいということです。G4は平成11年基準、そこからさらに断熱性能を上げることで健康改善効果がより一層、高まることが明らかになりました。「ザ・グランデーゼ」ならさらにG5を上回る断熱性能を持っています。

※断熱性能:G4 (グレード4)Q値2.7(次世代省エネ基準レベル)G5 (グレード5)Q値1.9

各種疾患の健康改善への住宅の断熱性能との関係

健康改善への貢献度

せきやのどの痛み、手足の冷えなどに限らず、アトピー性皮膚炎など肌の悩みについても高断熱高気密住宅への引っ越しで改善が見られるというのは、注目すべき点でしょう。これは住まいが暖かくなることで身につける衣類の量が減るからではないかと考えられています。

人間の皮膚が衣類から受けるストレスは想像以上に大きく、化学繊維やウール、ゴムなど肌を刺激しやすい衣類を多く身につければ当然ながら肌への負担は増します。着衣量が減ることでアトピーの引き金となる衣類からの刺激を小さくすることができます。

断熱グレードによる健康改善率の増加程度

乾坤改善率の増加程度

気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、関節炎、アレルギー性鼻炎など15の諸症状について、引っ越し後の変化を尋ねたこの調査では、
大半の症状に明らかな改善が見られます。

image
健康を手に入れる手段としても住宅の高断熱高気密化がかかせません。
パッシブデザイン住宅なら、各種の疾患の改善に効果が期待できます。

copyright©Sanwakensetsu All Rights Reserved.