ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス【ZEH】

ザ・グランデーゼ「パッシブデザイン」はZEHへと進化します

ザ・グランデーゼ 「パッシブデザイン」「Q1.0住宅」の基本性能(断熱基準、エネルギー削減量)は
国が定めるゼロエネルギー住宅基準(以下ZEH基準)の建物性能をを十分に満たしております。
これは再生可能エネルギー(太陽光発電システム等)を導入することでZEH(パッシブZEH,Q1.0ZEH)が実現化します。

専任の技術者が1棟1棟の敷地条件や建物プランより最適なZEH設計シミュレーションを行うことで
省エネルギーに寄与した高い質の室内空間をご提案させていただきます。

ザ・グランデーゼ 「パッシブデザイン」はZEHへ
省エネ(エネルギーを無駄にしない)と創エネ(エネルギーを自ら作り出す)を組み合わせてエネルギー消費量をゼロにする家。
暮らしに使うエネルギーをプラスマイナスゼロにする。
これが【ZEH】のしくみです。 ※ザ・グランデーゼ 「パッシブデザイン」のZEHを「パッシブZEH」と称します。ザ・グランデーゼ 「Q1.0住宅」のZEHを「Q1.0ZEH」と称します。
断熱性能の高い家とエネルギー効率の高い設備機器で、より一層の省エネを進め、使用するエネルギーの全体の量を小さくします。 さらに自らエネルギーを創り出し、小さくなった使用エネルギー分を補うことで、エネルギーの収支をプラスマイナスゼロにする。 これがZEHの基本的なしくみです。

【ZEH】は4つの要件を満たすことが必要です。

エネルギー収支がゼロになれば、全てがZEHという訳ではありません。
国によって基準が定められ、次の4つの要件をすべて満たした家がZEHということができます。
  • 強化外皮基準(断熱性能強化)6地域/兵庫県UA値≦0.6W/㎡K。 熱の入りにくさ、逃げにくさの性能基準
  • 基準一次エネルギー消費量を20%以上削減(平成25年省エネ基準より20%削減)。 より一層の省エネ化の義務
  • 再生可能エネルギー導入による創エネ(太陽光発電等の導入)。 自らエネルギーを作り出す努力
  • 01~03により、基準一次エネルギー消費量から100%削減。 自分で作ったエネルギーをかしこく使う
【ZEH】の普及に向け、国によるロードマップづくり、法整備が進められています。
地球規模でのエネルギー問題に直面した現在、世界的にZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の実現は避けて通れないテーマです。日本でもZEHの建設促進に向け、国によるロードマップの策定や法整備が進められており、2030年には新たに建てられる全ての住宅の過半数がZEHなることを目指しています。
経済産業省は2016年4月に平成28年度ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業ZEHビルダーの公募を開始しました。ZEHの普及計画を策定し、実際に取り組んでいる事業者を「ZEHビルダー」として登録する制度を設け、その事業者が行う建設のみが補助事業の対象となりZEHビルダー役割が明確化されました。これで本格的に2020年に向けてZEHの普及元年として取り組みが開始されました。
当社は平成24年度から平成27年度の間、国のZEH補助事業に参加し設計施工実績を積み重ねました。引き続き平成28年度のZEHビルダー登録及び補助事業にも積極的に取り組んで参ります。

エネルギー基本計画

copyright©Sanwakensetsu All Rights Reserved.