お客様の声

新着ボイス

【File No.SE-01】
宝塚市 T様邸

全て納得できるまで
勉強してから建てた家。

リラックスムード溢れるリビングでやさしい眼差しのご主人様が時には厳しいご意見も 交えながら、臨場感たっぷりにお話して下さいました。 ご主人様は何でもとことん調べつくさないと、気が済まない性格の方。 そして石橋を叩いて渡りながら、しかも、本当に納得された上で結論をお出しになられた家が「SE構法」の家でした。

  • VOICE-PHOTO
  • VOICE-PHOTO
  • VOICE-PHOTO
  • VOICE-PHOTO
  • VOICE-PHOTO

1.今回の建築のきっかけは?

ここは、中古住宅付きで購入しました。築30年の木造住宅で、地震被害を受けた建物でしたが、子供を良い学校区に行かせたいことや、生活しやすい所に住みたくて選んだ場所です。 駅前は便利は良いけれどもうるさいので、いずれリフォームすれば良いと考えていました。 ところが、古い家は持ちこたえてくれませんでした。妻はすぐにでも壁を塗り替えるか、建替えたいと考えていました。でも、まだ購入時の残債がありましたから、建替えるほどの余裕も無く、リフォームするといっても家の中の壁の塗り替えだけでも工事費は半端ではないですし、何かするにしても残債処理を終えた後、資金的にも少し余裕を持ってからとか、随分悩み続けました。
リフォームしようと考えつつも、頭の中はいつも買い替えや建て替えのことを考えていたんです。本体が古いですからリフォームしてもいずれは無駄になるような気がして。
そこでまずは「買い替え」を考えました。「建替え」は解体費や仮住まいが必要で、こんな無駄なお金を使いたくなかった。車が2台置ける25~30坪の家が欲しかったので、あちこちの不動産業者を訪ねました。でも希望する環境の所が無い!今の場所は気に入っていましたから。ここに見合う場所が見つからない。
そのうち、「建替え」も視野に入れて動きました。 いくつかのハウスメーカーを訪ね歩き、プランをしてもらいました。 すると、家を持つ際には色々な知識が必要だとわかりましたが、何が本当か!?との疑問も出てきますし、騙されないためにも、とにかく正しい知識を持とうと思ってさらに勉強しました。
何にいくらかかるのか、全部の費用を知りたかったですし、建ててから費用のかかる家もダメだと思いました。(光熱費のこと・保険のこと・メンテナンスのことなど色々)しかも長持ちする家で無いとダメ!
そして、大分知識が頭に入ってからです。三和建設さんを訪ねたのは。

2.三和建設に依頼されたきっかけは?

実は三和建設さんのことは知っていました。 私の父の友人が三和建設さんで家を建てておられましたから。
でも、すぐには行かなかった。 (ほかで十分な"体力"をつけてから行った訳ですね。) 三和建設さんにはこれまでの経過は内緒にして一から中古住宅を探してもらうよう頼みました。
すでに「建替え」に必要な上限費用の目安は全てつかめていましたし、自分たちが望む家の間取りや設備も大体わかっていましたから、三和建設さんの実力を"試す"つもりでした。 (ほう・・・。できるか!できないか!お手並み拝見!!といったところですね!?) 案の定、『探します』と言いながらも、希望するような物件は見つからず、
『買い替えはやめましょう』と言って来た。理由は、『今よりも返済額が増えるから』でした。このことは他社からも聞いて知っていました。 (第1問は正解!ですか・・・。ご主人が既にご存知である事と、辻褄が合ったわけですね。)
そのあとは、「じゃあ建替えるとして、お金は無いけど良い家を建てたい」とか、"真剣に無茶"を言いました。
こちらは一生に一度のことですからね。「気に入らなければ営業担当を変わってもらう」とまで言いました。
だから営業のしがいがあったようで、次々と出した難題に答えを出してくれましたね。説明も解かりやすかったです。
それと≪こうしたら→こうなる≫式で押し付けないところが良かった。 特にお金のやりくりについては難題だった。
その時点で残債があり、予算はマイナスだった訳ですから。にもかかわらず"裏技"を提案してくれた。だからこそ今があります。(詳細は書けませんが、三和社員としては相当勇気のいる裏技だったようです。決して違法ではありませんよ。) そうこうしているうちに、とうとう住んでいた家の壁が落ちた!
で、決心した訳ですよ。(三和建設での「建替え」を?) …いえ、「建替え」を、です。

3.なぜ、三和建設のSE構法を選ばれましたか?

(駐車場代はもったいないから)車庫をつくりたかったので 2×4工法だと耐力壁が邪魔。 しかも、木造は職人さんの技量によって精度が変わると聞いたので、三和建設さんのSE構法の家を見せてもらってこれだと思いました。
(でも、SE構法の方が予算面では高いのに?) この頃には営業さんは私の要求する所が見通せていたと思います。お金は無いけれども全てのことに妥協したくない、という私の思いが。
そして、提案されたプランには屋上があった!
しかも外断熱工法!
屋上利用は考えの中に全く無かったので驚きました。

4. SE構法にしてよかったですか?

一言で言えば「良かった」です。でも、真価が問われるのはまだこれからです。
冬と夏を過ごして、最も気にしている光熱費がどれほどかかるのかデータを取ってみないことには わかりません。

5.こだわりの実現(何にこだわられましたか?)

こだわりは山ほどありました。でも、私以上に営業さんにもこだわりがありましたね。
ショウルームなんて見たくても見ても無駄。目の毒。と思っていたのにこれでもかと連れて行かれました。
まあ、ショウルームの案内が出来るほどに見に行きました。トステムは4回も行きましたよ。
あと、三和建設さんで建てられた家も見させてもらいました。最初は他人の家に行くのはイヤだったんですけど、営業さんは絶対行った方がいいからと言って連れて行く。その内メジャー持参で行くようになりました。 これは、実物大経験が出来るので行かせてもらって正解でしたね。 この時のことを思えば、お客様の言いなりになる営業ではアカンということですかねぇ。ようするにハイハイだけ言っているようではダメだということです。
担当してもらった営業さんは≪見せて、説明して、納得させて、要るか要らないかを選択させる≫やり方です。
実物を見させて、体感させて、最高の物も見させて、かつ自分たちの生活に置き換えて考えさせる手法です。
だから先のことも考えて、"本当に必要かどうか"を熟慮しましたよ。 (例えば・・・?) たとえば床暖房について。
外張り(外断熱)工法にしたら暖かいから必要ない、とかっていうのは、実際にその状態を経験しなければ結論が出せない訳ですよ。
LOW-Eガラスを使うか、使わないか、なんてのも、値段だけ聞けば高いから使わない。でもその効果を確認できたから使う気になる訳です。こういったことは言葉だけでは分からないですよね。
私の性格からしても冷暖房費が抑えられるから必要と言われても疑いますものね。 だから、こういう提案の仕方をする営業さんにマンマと、はまってしまったんですね。(笑い)
良いものは良いけど当然高い。だから、見栄えが良いとかそんなことよりも住み始めた後のランニングコストを抑えることが重要だったから、営業さんはこの部分を理解した上で提案してくれたのだと思います。
だからこそ、自分たちのこだわりを現実的に検討できたと思います。

1.構造(耐震・耐火・耐風)・ 外観・外構(カーポート・ガーデニング他)
断然、外壁の白いタイルとガルバリウム鋼板です。 それと赤い色の玄関ドア。

2.室内環境(光・音・温度・空気・素材等)
光熱費を抑えて、暖かく、涼しいこと。建替え前は電気代とガス代に加えて冬は灯油代が必要でした。
25,000円/1ヶ月かかっていたのが12,000~13,000円/1ヶ月になっています。
外張り断熱にしたり、LOW-Eガラスにすると ≪熱が逃げない≫と教えられていたことが、 今のところ辻褄があってきた、ってとこでしょうか。(この先はまだわかりませんけど)

3.間取り・設備・インテリア・メンテナンス面など
キッチンとリビングの広さにこだわりがありました。 また、贅沢をするのではなく、生活に本当に必要なものを選びました。安い光熱費を求めて外張り断熱にするのだから、 床暖房は必要ない。
電気代(照明)がかからないよう階段室には窓を設ける。というように。 結果として、明るくて風通しの良い住まいになったと思います。 また、余分なモノがついた高い浴室やトイレは必要ないので、 色にこだわりましたし、
空間を確保できるよう、 洗面化粧台は3面鏡を選びました。 ノーマルで構わないものは、何も高い費用をかける必要が無い。 (明瞭な答えですね)。

6.各担当者の対応はいかがでしたか?

<営業担当者の対応> 期待した以上に応えてくれたと思います。こちらの要求に対し200%応えてくれたと思います。 営業さん自身が夢を共有してくれたからこそ出来たと思います。 家づくりには施主の思いだけでなく、営業さん自身が「こんな家を建てたい」、と思う気持ちが必要ですね。
<設計担当者の対応> 大変聞き上手な方で、相性も合いました。100点を差し上げられますね。 設計というものは、施主を納得させる所までやるかどうか、また施主に対し、心からしてあげよう、 と思うかどうかが、重要なキーポイントだと思います。 いくら話を聞いてくれても、出てくる提案を見れば、自ずと違ってくるからです。
<工務担当者の対応> 工事では当初不安なことが結構ありました。若いのが来たな、とも思いましたし。 やり替えてもらった箇所もありますよ。それに直し終わっても結果を言わなかったりとか。 でも、きっちりやってくれたから良かったですけど、総合的に見れば80点ですかね。

7. 三和建設に依頼して、結果はどうでしたか?

<営業担当者の対応> 期待した以上に応えてくれたと思います。こちらの要求に対し200%応えてくれたと思います。 営業さん自身が夢を共有してくれたからこそ出来たと思います。 家づくりには施主の思いだけでなく、営業さん自身が「こんな家を建てたい」、と思う気持ちが必要ですね。
<設計担当者の対応> 大変聞き上手な方で、相性も合いました。100点を差し上げられますね。 設計というものは、施主を納得させる所までやるかどうか、また施主に対し、心からしてあげよう、 と思うかどうかが、重要なキーポイントだと思います。 いくら話を聞いてくれても、出てくる提案を見れば、自ずと違ってくるからです。
<工務担当者の対応> 工事では当初不安なことが結構ありました。若いのが来たな、とも思いましたし。 やり替えてもらった箇所もありますよ。それに直し終わっても結果を言わなかったりとか。 でも、きっちりやってくれたから良かったですけど、総合的に見れば80点ですかね。

copyright©Sanwakensetsu All Rights Reserved.